バンクオブハワイ 口座開設

ハワイでBank of Hawaiiの銀行口座を作ってみた

ハワイで口座開設する

 

最近は日本の財政がやばいということで、海外に銀行口座を作って資産を移動させておこうという人が増えています。香港のHSBCで口座開設をする人も多いみたいですが、観光で何回も行きたくなるハワイで銀行口座を開設するのもいいかなと思いました。

 


大きな地図で見る
google mapでのBank of Hawaii Waikiki Branch

 

日本の銀行に米ドルなどの外貨を預けていると、その銀行が破綻した時に預金保護の対象になりません。日本円だったら、預金と利息が1000万円まで保護されますが、外貨は対象外なのです。インフレ対策として外貨を持っていても、銀行そのものが無くなってしまったら意味が無いので、海外の銀行で口座開設をして、そこに預けておけば、もし海外に住むことになったとしても便利ですね。日本国内に資産を全て置いておくのは不安という場合には、日本から行きやすいハワイに資産を預けておくと良いと思います。
※日本からお金を持ち出す場合、100万円以上は申告しないといけません。

 

バンクオブハワイ ワイキキ支店

 

バンクオブハワイで口座開設すると、デビットカードがもらえるのでアメリカのサイトでの通販も便利になります。たまに、日本のクレジットカードだと購入できない場合があったりしますので。ちなみに、デビットカード(debit cardもしくはcheck card)は、口座にあるお金の分だけ利用できるクレジットカードみたいなものです。クレジットカードと違うのは、利用したらすぐにお金が引き落とされることですね。アメリカの銀行口座は通常、社会保障番号=SSN(Social Security Number)が必要となっていますが、バンクオブハワイでは日本人でもパスポートだけで口座開設ができました。

 

必要な物

バンクオブハワイでの口座開設に必要なものはパスポートだけです。後は、最初に入金するためのお金です。金額が多い場合には現金で持って行くよりもトラベラーズチェックにした方が安全です。

 

作成した口座はFree Checking Accountで、最低預入金額が100ドルで、口座維持手数料はかかりません。ただし、1年に1回はお金の引き出しやチェックカードの使用などをしないと、口座が凍結されてしまうようなので注意しましょう。

 

スポンサードリンク

Bank of Hawaiiワイキキ支店に行く

バンクオブハワイ ワイキキ支店では、日本語で口座開設をすることができます。カラカウア通りにあるDFSは、日本人観光客ならほとんど誰でも知っていますから、まずはDFSを目指すと良いでしょう。他に目印になる場所は、とくダネでお馴染みの小倉さんのラーメン屋、ラーメンなかむら、もしくはロイヤルハワイアンショッピングセンター、すぐ近くのホテルのシェラトンワイキキです。

 

もしも、バンクオブハワイで口座開設をして、ブランド品の買い物をしたいという場合には、シェラトンワイキキに宿泊すると何かと便利です。シェラトンワイキキの場合には、バンクオブハワイワイキキ支店までは2〜3分です。

 

今回は、ヒルトンハワイアンビレッジに宿泊しましたが、バンクオブハワイまで徒歩15分くらいでした。全然歩ける距離ですが、夕食や昼食などにレストランを探す場合にはちょっと離れているので大変かな。

 

バンクオブハワイの入り口

 

ただ、建物は分かっても、日本人が口座開設できる場所に行くには、エレベーターで3階まで上がらないといけません。ガラス張りで営業している部分は現地の人向けのサービスカウンターですから、そっちではなく、DFSに近い方の入り口から入ってエレベーターで3階まで行きます。3階に入ると、受付には誰もおらず、電話が置いてあるので、日本人のリストから電話を入れますとりあえず一番上にあった人の番号にかけました。

簡単に口座開設できました

バンクオブハワイの資料

 

日本人の方に丁寧に教えていただいて、書類もサイン以外は全部日本語で済んでしまいました。口座開設から入金までで45分くらいで終了しました。かなり簡単にできてしまうので、ハワイに年に1回は行くというような人も、Bank of Hawaiiの口座を作っておくとATMでお金を引き出せたりできますので、いいかもしれませんね。

口座開設から1週間後くらいにチェックカードとPINが送られてきました

チェックカード
チェックカードとPIN(Private Identification Number)=暗証番号は別々の郵便で口座開設から1週間ほどで送られてきました。

 

Enclosed is your VISA check card.
Please sign your card immediately.
Old cards should be destroyed to
avoid confusion and possible loss.

 

同封されているはVISAチェックカードです。
すぐにサインをしてください。
古いカードは混乱と喪失(資金の?)を避けるために破棄されたし。
みたいなことが書いてあります。

 

To Activate this card
Refer to your card mailer for instructions to activate card.
(Remove this sticker before using your card)

 

カードを有効化するためにはこの手紙の差し出し主に問い合わせてください
と書いてありますが、別の場所には

 

You must first use the card with personal identification number -PIN-

 

と書いてあるので、まずATMで残高照会すれば、チェックカードをネット通販などで使えるようになるということでしょう。

 

PIN

 

まず、郵便局のATMに入れてみましたが、このカードはお取引できませんみたいになるので、セブンイレブンのATMに入れたら取引画面が出ました。ただし、日本語は無いので「English」を選んで、残高照会をしてみました。

 

でも、画面に出た金額が実際に入っている金額よりちょっと少なくなっていました。そこで不安になり、家に帰ってオンラインのバンクオブハワイの管理画面に入って残高をチェックしたらちゃんと以前と同じ金額が入っていました。引き出せる金額と口座残高は別ってことでしょうか?謎です。追記:残高照会の手数料ということで75セント減ったようです。

 

スポンサードリンク