コクアとアイナ

コクア(kokua)って?

kokua
シェイブアイスを食べたときにハワイ語で書かれたポスターを発見。一番下に”Thank You for Your Kokua”と書いてあります。”コクア(Kokua)”とは”協力”という意味のハワイ語で、”Thank you for your kokua”とは”ご協力ありがとうございます”っていう意味です。このフレーズはハワイではウォルマートなどの店内放送の最後に頻繁に使われているので、ショッピングなどをしているとよく耳にします。

 

本来ならば”ご協力ありがとうございます”はThank you for your corporationって英語で言うのですが、ハワイではcorporationの代わりにkokuaを使うんです。うーん、やっぱりハワイにはハワイ語が欠かせないんですね。たまにMahalo for your kokuaっていう時もあるんだそうですが、この場合ハワイ語がわからなかったら英語がわかっても何のこと言ってるのかわからないですね(笑)。

 

スポンサードリンク

アイナ(Aina)って?

ハワイ好きな人たちの中ではハワイ語の名前を子供に付ける人がいるそうです。確かにハワイ語は響きがかわいい言葉が多いし、ハワイが大好きな人ならつけてしまう気持ちもわかるかも。ハワイ語の中でも一番日本の名前に適していそうだなって思ったのは、アイナちゃん(Aina)やカイ君(Kai)。

 

アイナ(Aina)とはハワイ語で大地とかいう意味だそうですが、アイナちゃんっていう名前の子はハワイ語に関係なくかわいい名前ですよね。カイ(Kai)は日本語で海という意味で、日本語とハワイ語で同じ意味になるんです。偶然ですね。ハワイの海のように美しく、たくましく育って欲しいっていう意味も込められていそうな名前です。

 

ただしハワイ語で名前を付けるときに問題になるのではないかなあ・・・と個人的に思うことが一つ。それはラ行の発音がハワイ語だとLで表現されるのに対して、日本語だとRになってしまうことです。ハワイ語でよく使われるLの音は日本語では使わないので、ラ行のつくハワイ語の名前にしてしまうとスペルをLの代わりにRにせざるを得ず、本来の言葉の響きと違うものになってしまう気がします。そこまで気にする必要があるかどうかはわかりませんが、思い入れのある名前だからこそ、スペルも響きも一緒の方がいいのではないかなあ・・・と思うのでした。

 

スポンサードリンク