旅行会社

てるみくらぶの破産申請に見る旅行会社の選び方

航空券が発券されず、本社に臨時休業の張り紙をしていて話題になっていた、てるみくらぶが2017年3月27日東京地裁に破産申請しました。てるみくらぶは、格安旅行会社としてそこそこ有名で、僕の周りでも使っている人がいました。ハワイ旅行で利用していた人も多かったですが、ネット上でのトラブルの口コミも多く見られました。チケットが発券されていないことに気づいたり、旅行会社と急に連絡を取れなくなってしまって不安になった人も多いかと思います。破産申請ということですから、お金が戻ってこない可能性が高いです。

 

ハワイ旅行も含めて、海外旅行は10万円以上のまとまったお金を支払うことになりますから、旅行会社の選定は重要になります。僕が海外旅行に使うのはHIS(東証一部上場)かJTB(老舗で有名だけど非上場)なんですが、旅行会社の選定では「老舗」「東証一部上場」はやはり意味があると思います。

 

スポンサードリンク

 

上場していても粉飾決算をしてしまう企業が少なからずありますが、会計に関して株主に説明責任がある上場企業はやはり安心できます。そして、老舗の有名企業は事務手続きがルーチン化されていますし、ブランドイメージを守るために不正をする可能性は低いです。

 

格安旅行会社でもまともな会社も沢山ありますが、どこが良いのか見分けるのはなかなか難しいです。そんなわけで、ある程度旅行代金が高くなるとしてもHISやJTBを使う方が安心できて良いのではないかと思っています。10万円以下だったらもしもトラブルになってもダメージが少ないから良いですが、数十万円を支払うとなると、それなりに信頼がある旅行会社を選んだ方が良いと思います。

 

2017年3月27日23時10分追記:

 

2017年3月27日のテレビ東京のワールドビジネスサテライトで「危ない格安旅行の見分け方」を特集していました。

 

てるみくらぶの破産の原因は、ネット集客での差別化が難しくなったこと、新聞広告を出してコストが上昇したこと、円安で海外のホテルの調達コストが上がったためとのこと。そして、弁済率(返ってくる金額の割合)は1%程度になってしまうだろうとのことです。WBSが取材したKさんは、夫婦でのスイス旅行のために174万円も支払ったとのことでした。

 

専門家による「危ない格安旅行の見分け方」は「現金一括払いで早めに振り込んでくれ」との要求は資金繰りが悪化している可能性があるとのことでした。

 

そして、JATA(日本旅行業協会)に加入している旅行代理店の場合には、一部弁済があるとのことでした。ちなみに、てるみくらぶもJATAに加入していたため一部戻ってきますがJATAの公式サイトによると

 

今回は、多数のお客様の認証のお申出が予測され、その総額が弁済限度額(1億2千万円)を超える見通しです。
この場合、お客様への還付額(弁済の額)は、1億2千万円を認証申出額の割合に応じて比例按分した金額となります。

 

と書かれています。

 

スポンサードリンク