セーフティーボックス

ハワイのホテルのセーフティーボックスで気を付けたいこと

海外のホテルによく付いているセーフティーボックス(safe deposit box)ですが、暗証番号4ケタを自分で決めるタイプのものが多いです。

 

セーフティーボックスの安全性は大丈夫?

 

財布やパスポートなどの貴重品を入れる場合に一応気を付けておいた方が良いことがあります。

 

奇跡体験アンビリーバボーで紹介されていた方法で、簡単に金庫を開けられてしまいます。

 

1. セーフティーボックスのボタン部分を綺麗に拭く
2. 指紋検出用の粉をかける
3. 4つの使われたボタンが分かる
4. 4つの数字が分かったのでその組み合わせを全て試す

 

4つの数字が分かっている場合、全ての組み合わせは 4 x 3 x 2 x 1 =24通りなので、全ての順列を試すのも簡単です。

 

全ての番号を触っておくことで、全てのボタンに皮脂をつけて、使用したボタンを分からないようにすることができます。もしくは、ボタンを押した後に全てのボタンを綺麗に拭いて皮脂を残さないようにするとか。皮脂を綺麗に拭き取るよりも、皮脂を付ける方が簡単だと思います。

 

そうそうそんなことは無いと思いますが、頭の片隅にこういうリスクがあるということを覚えておきましょう。
海外旅行でお金の扱いが心配な場合にはクレジットカード不正利用の記事などをご覧ください。

 

スポンサードリンク