ハワイ チップ

ハワイのレストランでのチップの注意点

ハワイ旅行でのチップ
日本で生活しているとチップを支払うことなんてほぼありません。だから、アメリカのレストランで食事をするとけっこう面倒なんですよね。ハワイに着いた時からチップの支払いが発生します。

 

タクシーに乗って荷物をトランクに入れるのを手伝ってもらった時、レストランで食事をした時、ホテルに着いてベルボーイに荷物を運んでもらったら、と初日からチップを払う機会が多いです。1ドル札を渡すことになるので、旅行日までに銀行や金券ショップで、もしくは出発当日に成田空港で両替しておきましょう。両替する前に1ドル札があるか聞いてからにした方が良いです。メガバンクだったら1ドルを混ぜた両替用のセットがあったりします。

 

チップでも特に面倒なのがレストランです。まず、ウェイター/ウェイトレスは持ち場が決まっていますから、最初に自分のところに水やメニューを持ってきてくれた人以外に、何かを注文してはいけません。日本人は近くにいる人に用事を頼むのが当たり前だと思っていますから、気をつけないとやってしまうので注意しましょう。

 

スポンサードリンク

 

チップの習慣が無い日本では、最低賃金が決められており、ほぼ完全に時給が固定されていますが、アメリカの場合には基本給がものすごく低い代わりに、チップはすべて自分がもらえるというようになっている場合が多いです。マクドナルドやスターバックスなどのファストフードやカフェなどではチップは必要ありません。サンドイッチやホットドックのテイクアウト専門店の場合などにもチップの必要はありません。

 

日本人がよく来るお店は、日本人のチップ支払い忘れ対策として、あらかじめ伝票にgratuityやservice chargeとして15%上乗せしてあるお店もあります。それを教えてくれるお店もありますし、何も言わずに上乗せしてあるお店があります。ヒルトンハワイアンビレッジにあるround tableというピザのお店に行ったら、伝票の下に日本語でチップの相場の説明がしてあり、15%だといくら18%だといくら20%だといくらと計算したチップ代が印刷されたものが出てました。これを見ると、18%のチップを選ぶ人が多いんじゃないでしょうか。かなり上手いやり方だと思いました。

 

ホテルに宿泊したら、枕元かベッドサイドのランプの下に1ドル〜2ドルを置いておくことになります。日本で両替していなかったら、ABCストアなどで買い物をして1ドル札を増やしておきましょう。

 

あと、レストランでの注意点としては、日本では基本的にレジでお会計をしますが、ハワイを含めたアメリカではテーブルに座ったままお会計をします。「Check, please.(チェックプリーズ)」と言えばお会計用のトレイと伝票を持ってきてくれるので、そこにお会計を乗せます。

 

スポンサードリンク